福井県アイバンクにて、角膜を提供してくださったドナーのご家族の方や、角膜移植を行った方からの声を集めました。

※過去の声よりランダムでピックアップしています。その他の声については年度別一覧をご覧ください。

移植者の声

術後の経過良く、快適な生活を送らせて戴いております。

平成23年9月、右眼の角膜手術を受け、術後の経過良く、快適な生活を送らせて戴いております。 昭和63年3月、白内障の手術を受けましたが、眼内レンズのおさまりがつかず、常にすりガラスを通して物を見ていましたが、平成6年8月、逢着手術を受け、ある程度安定しました。 その後、毎月1~2度の割合で治療を受ける内、角膜にも損傷が及び、先生の勧めで新しい技術での移植手術を受ける事となり、ドナーの方を探して...続きを読む

移植者:福井県 70代 男性

提供ご家族の声

どこかで誰かの為に役に立っている、また生きていると思うと、嬉しく思う。

主人が亡くなって、先生のご説明の後、献眼のお話をされました。 私の職業が介護福祉士ということと、私自身も臓器提供意志表示を全て提供すると思っている為、献眼に対しては抵抗がなかった。とは言え、献眼することで、母が天国に行って何も見る事が出来ないような気がして、かわいそうにも思えた。 しかし、母の眼がどこかで誰かの為に役に立っている、また生きていると思うと、嬉しく思う。 母もきっと喜んでいると思う。

提供ご家族:70代女性のお嬢様より

年度別一覧

移植者の声

提供ご家族の声